サッカー元ブラジル代表、天才ロナウジーニョが引退

2018年1月17日、まもなく38歳の元ブラジル代表FWロナウジーニョが引退のことを公式に発表した。代理人である兄のアシス氏は「彼はサッカーを辞める。これで終わりだ。彼の引退のために大きな舞台を用意しよう。ロシア・ワールドカップ後の8月かな。ブラジル、ヨーロッパ、アジアでイベントをするつもりだ。」とコメントした。

ご存知のように、ロナウジーニョがFIFAコンフェデレーションズカップ1999に招集され、メキシコに3-4で敗れた決勝以外の全ての試合で得点した。特に準決勝のサウジアラビア戦 (8-2) ではハットトリックを達成し、大会得点王と大会最優秀選手賞を同時受賞した。素晴らしいスピード、テクニック、シュート能力で兼ね備えているロナウジーニョは世界中のサッカーファンたちに広く知られていた。

FIFAコンフェデレーションズカップ1999で素晴らしい表現で、ロナウジーニョは、2001年、フランス・リーグ・アンのパリ・サンジェルマンFCと5年契約を結んだ。移籍金は500万ユーロ。

2002年には初めてのFIFAワールドカップとなる2002 FIFAワールドカップの代表メンバーに選ばれ、コパ・アメリカ1999を共に制したロナウドやリバウドなどと共に脅威的な攻撃陣を構成した。大会を通じて5試合に出場して2得点し、更にいくつかの重要なアシストでもチームに貢献した。

2005年9月にはFIFPro年間ベストイレブンとFIFPro年間最優秀選手賞を受賞し、同年にはUEFA年間最優秀選手賞も受賞した。さらに、FIFA最優秀選手賞の投票では956点を集め、2位のフランク・ランパード(306点)に3倍以上の大差をつけて2年連続で受賞した。

2008年3月26日、ロンドンで行われた国際親善試合、対スウェーデン戦でA代表デビュー。決勝点となるゴールを決め、華々しいデビューを飾った。

2012年6月、アトレチコ・ミネイロへ移籍。契約はシーズン終了まで。2013年7月25日、クラブ史上初のコパ・リベルタドーレス制覇を達成し、史上8人目となる欧州&南米王者に輝いた[3]。モロッコで行われたFIFAクラブワールドカップ2013では準決勝と3位決定戦に出場し、2得点を挙げた。

ブラジル 歴代 代表 ユニフォーム振り返り/2008~2017

今年のW杯ロシア大会でブラジル代表が着用する新ユニホームがブラジルサッカー連盟と公式提供元のナイキ社まだ発表されませんでした。

今回は、08年以降、ナイキ社から発表されたブラジル代表ユニフォームを振り返して紹介いただきます。

▼2017モデル。サード ユニフォーム。

特徴:豊かな自然と都会のネオンを表現したブラジル代表2017サードユニフォーム、斬新なディープグリーンにエンブレムの黄色が映えるモデル。ラグランスリーブ/vネック。

▼2016モデル。ホーム ユニフォーム。

特徴:伝統のカナリア色のホーム。アクセントとなる緑は今回、首まわりや脇に一本のラインとして入れられている。胸部分にはメッシュ素材を配置。幾何学模様は通気性だけでなくフィット感も考慮した形だ。

▼2016モデル。アウェイ ユニフォーム。

特徴:青基調。肩から袖にかけてはやや淡い色を配し、差し色にネオンカラーを取り入れている。

▼2014モデル。ホーム ユニフォーム。ワールドカップ2014ブラジル大会&コパ・アメリカ着用モデル!

特徴:首内側には、チームの愛称にもなるカナリアの鳥デザイン入り。エンブレム上の過去w杯優勝回数を表す5つの星と右胸のメーカーロゴは刺繍。

▼2014モデル。アウェイ ユニフォーム。

特徴:セレソン伝統のアウェイカラー「ブルー」をキーカラーに、ドットによるシャドーボーダー柄を採用した。

▼2014モデル。サード ユニフォーム。

特徴:豊かな自然と都会のネオンを表現したブラジル代表2014サードユニフォーム、斬新なディープグリーンにエンブレムのイエローが映える2014w杯着用モデル。首元がリブ仕様。

▼2012モデル。ホーム ユニフォーム。

特徴:伝統的な色基調で、太目の袖の切替えが特徴のブラジル代表 ホーム ユニフォーム。

▼2012モデル。アウェイ ユニフォーム。

特徴:青基調。vネック。

▼2010モデル。ホーム ユニフォーム。

特徴:伝統のカナリアンイエローを基調に、左袖のテープ先にワールドカップ優勝回数を表す5つの星をデザイン。

▼2010モデル。アウェイ ユニフォーム。

特徴:サッカー王国、ブラジルの選ばれしセレソンのみが身にまとうことの出来る気高きユニフォーム!斬新なドット柄を採用。いざ6度目の栄冠を目指して!側部にメッシュ素材を使用。

 

▼2008モデル。ホーム ユニフォーム。

特徴:伝統的な色基調で、身頃にはドットが入っている。

▼2008モデル。アウェイ ユニフォーム。

特徴:ホームモデルと同じ、身頃にはドットが入っているのが特徴。

ブラジル ユニフォームの特集ページはこちらへどうぞ!

 

ブラジル代表のネイマール(Neymar)背番号は10。

今回は、ブラジルにとどまらず、日本でも話題がある10番ネイマール(Neymar)選手をご紹介します。

まずはネイマールがどんな人物だったのか、簡単にご紹介します。

ネイマールは、ネイマール・ダ・シウバとナディーン・サントスとの間にサンパウロ州モジ・ダス・クルーゼスで一男一女の長子として出生、モデル業のrafaella beckranは4歳年下の実妹。実父もかつてサッカー選手でした。成長すると、ネイマールはフットサルとストリートサッカーに夢中になりました。

また、6歳にはブラジルのコーチにスカウトされたから、フットサルの練習を始まりました。フットサルの練習のおかげで、ネイマールのサッカー技術やスピードなども上手になりました。今で言えば、基本的には室内で行われるフットサルはネイマールの技術を育てたと言ったところでしょうか。

また、2005年1月、12歳頃のネイマールはレアル・マドリードとの契約を交わす予定でしたが、締結には至らなりませんでした。

2010 FIFAワールドカップ後のブラジルの最初の試合となった2010年8月10日のアメリカ戦でブラジル代表に初めて招集されました。ネイマールはこの試合で代表デビューを果たし、先制点となる代表初ゴールを挙げました。

2014年10月14日の日本との親善試合では自身初となる1試合4得点を記録しました。ブラジル代表では2000年10月8日のベネズエラ戦でロマーリオが記録して以来14年ぶり8人目(9回目)で、22歳での4得点は最年少、4-0で全4得点を挙げたのは史上初でした。この4得点で代表通算40得点とし、ベベットを抜きブラジル代表歴代5位となりました。また日本からは通算7得点目となり、日本代表を相手に史上最も得点を挙げた選手となりました。

今年のロシアワールドカップでは、どのような点数を取る、ネイマール選手をお好きな方も期待しています。