ブラジル代表 ユニフォーム 2018 ホーム/アウェイ

今回は、2018ロシアW杯に出場するブラジル代表 ユニフォーム 2018の特徴などについて簡単に紹介したい。ロシアW杯に向けのブラジル代表 ユニフォームにご興味がある方は是非ご覧ください。

▼2018モデル。ホーム ユニフォーム。

特徴:初めてカラー放送された1970年ワールドカップで世界の視聴者にインパクトを残した「Samba Gold」と名付けられた明るい黄色を再び基調色に採用。差し色は伝統的な緑で襟やナイキロゴに使われている。ラグランスリーブ。2018年のNikeテンプレート「ヴェイパーニット」(Vaporknit)を搭載。

▼2018モデル。アウェイ ユニフォーム。

特徴:青色をベースにデザイン。 フロントは”大きな星”のグラフィックを入り。ラグランスリーブ。2018年のNikeテンプレート「ヴェイパーニット」(Vaporknit)を搭載。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です